「カラーキャリブレーション」

今から5年ほど前に、キャリブレーション内蔵のディスプレイを購入しました。EIZOのColor Edge CG247です。

それまではNECのMulti sync+外部キャリブレーションセンサーを使っていましたが、美術本の仕事が入り、多くの絵画の撮影をすることになったために、シビアな色合わせを考慮して、このディスプレイを購入しました。

当時はすでに、印刷所もグラフィックデザイナーもフォトグラファーも、大体、EizoのColor Edgeを使って仕事をしていましたから、同環境で、色合わせには、それほど困ることはなかったのですが、なんせ、美術本なので、気を使いました。

しかし、印刷所は、昔から美術本の印刷で有名な図書印刷、製版職人さんが気合を入れて仕事をやってくれたおかげで、素晴らしい本に仕上がりました。

プロの場合、ディスプレイは生命線だと思います。できれば、キャリブレーションセンサー内蔵のEizo Color Edgeがおすすめです。というか、私の周りはみなこれ、使っています。

そして、この仕事で大活躍したのが、AdobeのLightroom。

コレクターさんの家で壁一面に飾ってある絵画を撮影しましたが、引きもなく、広角レンズで撮影、おまけに横長なので分割して撮影して、後でつなぎ合わせるという工程でした。そこで、Lightroomのパース修正のツールが大活躍。同時にCapture One Proのツールも併用しました。

大変な、難儀な仕事をすると、アプリケーションの使いこなしのためのテクニックが大幅に向上すると思います。

たまに、建築写真の撮影をしますが、この時の知識が、様々な局面で役に立っています。

そして、いろいろと仕事をやっていくと、自分だけのワークフローというものが自然に出来上がっていきます。

使用撮影機材,ソフト:Mamiya DF+Leaf Aptus II5+Sekor45mm,120mm Macro、Profoto strobo、CaptureOnePro, Lightroom, PhotoshopCS6

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「Appleの売上を支えているもの」

なぜ、Appleは余計なものをユーザーは不便するのに押し付けるのか?

このリンクでは、主に、iPhoneやMacBookの接続規格を頻繁に変更して、アダプターやアダプターケーブルをユーザーが買わないと困るようにするのか?という疑問を呈していますが、それは「売上のためだ」と結論付けています。

この動画の中に、今まで販売された別売りのアダプタケーブルの写真がありますが、多分、自分はほとんど持っています。
考えてみると、それらの出費は、税金のような形で、無意識に払っているような気がしますが、結構な出費になります。

自分が2017年モデルのMacbook Proを購入したときに、結構、様々なアダプタを買い込みました。そして、あまりにも接続インターフェイスが少ないためにすぐに売却してしまった経緯があります。こんなにも仕事で不便するとは思わなかった。で、現在は仕方なく2008のMacbook Proに戻っています。非力ですが、こちらの方がはるかに便利。
で、来年はHPのラップトップワークステーションを購入予定です。

iPhone4のときもそうでした。iPhone4と接続できるJBLのスピーカーを購入したのですが、iPhone5になったら、もう接続はできない。そのためにはアダプタを購入することになる。そして、JBLは、その後Appleから離れたようです。その後はiPhoneもMacbook Proもその繰り返し。

この動画のコメントにこんなのがありました。

I’ll tell you why Apple products are more expensive, because people are stupid enough to pay it. If customers would just STOP buying Apple products prices would drop.

「なんでApple製品はこんなに高いのか?それは買うやつが馬鹿だからさ。もし購入者が買うのをやめたら、価格は下がるだろう」。

この兆候はiPhoneⅩに出ていると思います。売れない。当たり前です。高すぎる。Macbook Proがあの性能であの不便さなのに、なぜ高いのか?そんな疑問を、「仕方ない」というあきらめで過ごしてきた自分が馬鹿に思えてきます。

最近、Appleバッシングの投稿が世に溢れてきて、いろんな意見、特に欧米のユーザーの意見を見聞きするにつけ、ここは考え時だな。と思うようになりました。

別のYoutubeで、Apple Storeを嫌がらせしながら回るユーザーの動画がありましたが、そのユーザー、「Apple製品は金持ちの道具なのさ」。と言っていましたが、株価が上がり、時価総額が上がり、雇われ社長たちが、勘違いした結果がこのような状態につながっていると思います。

MSは、Dos、Windows95、と使ってきて、Mac OS8と9に移行、不安定なので、再びMSのNTと2000。Mac OSX登場で再びMacが主力に。
という感じでしたが、これは、再びMSに移行すべきだな。と、ここ一週間くらいで大きく気持ちが変わってきました。

Windowsはまだまだ問題山積ですが、もともと安全、安定運用するには手間暇とリテラシーが必要なOSです。しかし、Adobe PhotoshopやPremiereは、Windowsをプラットフォームに開発され、MacOSに移植されています。ですから、同性能のマシンだったら、Windows上の方が安定して軽いです。

まあ、OSはメリット、デメリットがありますが、ハードに選択肢がないApple製品は多分、今後使わなくなるという気がします。

なにより、クリエイティブな生活を提案してくれた企業イメージが、「金満」「放漫」イメージになってきたので、もう買う気は起きないでしょう。恋人の修復不可能な嫌な面を見せつけられたという感じでしょうか。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「クソAppleという声が増えている」

「クソAppleという声が増えている」

CBCニュースから。

このレポートを見たら、長年、抑えていたAppleへの不平不満が噴出してきた。

CBCニュースの記者が、隠し撮りで、故障したMacbookをApple ストアに持ち込んだら、いろんな理由のもとに部品代、修理代を見積もりされ、それが新品を買うのとほぼ同じ価格になった。

ブルックリンやカリフォルニアには、Apple製品修理の大規模なリペアショップがあるが、担当の話によると、最近のApple製品はわざと第三者が修理できない構造になっているという。

例としてiPhone8のバッテリーが紹介されたが、本体にしつこく接着してある。

自分は、iPhone5のバッテリーを自分で交換したが、5は簡単に分解、バッテリーはすぐに交換できた。

Macbook pro2008年モデルも自分でハードドライブを交換してメモリも増設した。
しかし、最近のMacbook proはそれができない。だから、ハイエンドの性能を求めるには最初から高価なモデルをAppleストアで購入するしかない。

構造が複雑になっているのかもしれないが、この番組を見る限り、新しい製品を買わせるために拡張、リペアできない構造にしているとしか思えない。

最近、世に出たiPhoneⅩとMacbookは前モデルに比べ20%も売れ行きが鈍いそうだ。20%とはすごい数字。

自分的には、Appleの株価が異常に上がり、強欲な株主の圧力で売上利益至上になったとしか思えない。
ジョブズが生きていた頃は、ジョブズがそのカリスマ性で株主のわがままをなんとか抑えていたようだ。

本日、GoogleやAppleが独禁法に違反していなのか厳しく監視するという声明が日本政府から発表された。
ヨーロッパの流れを受けてのことだと思うが、厳しくやって欲しいと思う。

自分はOSとコンピュータは道具だと思っているので、自分の利益に繋がるものを、そのつど選んできた。Windowsを使っていた時期も長い。

企業には寿命があると言われるが、Appleを見ていてもそう感じる。Appleは明らかに衰退期に入っている。最近、アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾスは、アマゾンが倒産するような事態をいつも想定していると言ったが、創業者ならではの危機感だと思う。

多分、創業者ではない、サラリーマン社長のApple CEO、ティム・クックにはそんな危機管理の意識はないと思う。最近は常に株主のご機嫌を伺っているとしか思えない。

Appleがあっという間に傾くような、新基軸のハード&ソフトが登場してほしいと、最近思うようになった。
現在iPhone7plusを使用しているが、
今度のスマホは、アンドロイド(エクスペリア)にしようと考えている。
10〜13万円のiPhoneはもう買おうとは思わない。

ラップトップは今度買い替え予定だが、ウィンドウズOSを使うことを考えると暗澹たる気持ちにもなるが、大した性能ではないのにあの価格のMacbook Proを購入する気には到底ならない。特にこのレポートを見たあとだし。気分も悪い。

しばらくMacとウィンドウズマシンを併用し、様子を見ながらウィンドウズに移行するのも手だな。と思うようになった。マイクロソフトには、ウィンドウズNTのような、機能を絞った潔いシンプルなOSを一般用と並行して出して欲しい。

youtubeでもiPhoneの高価格とビジネスのやり方を非難する声が多い。中にはまだiPhone5を修理して使っているユーザーもいる。

ユーザーに対して常に良心的でないメーカーは市場を退場して欲しいと思う。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「画素数信仰」

デジカメの画質は、CMOSの面積を画素数で割ったピクセル一個一個の面積できまります。もちろん、同世代のデジカメでの比較になります。ですから、例えば、我々の仕事の場合、ニコンZ7とZ6では、大体、A3くらいまでプリントまたは印刷媒体にした場合は、Z6の方が画質に優れていると言えます。
ただ、巨大なコルトンボックスや看板に使うような特殊なケースには、Z7の方が有利です。

高感度撮影や画像処理を繰り返す場合は画素数がより少なく、ピクセル面積が大きい方が画質の劣化は少ないです。
ちょっと前までダルサのCCDを採用していたLeaf Aptus II5というデジカメバックを使っていましたが、ほぼ6cm×4.5cmのCCDで画素数は2400万画素でした。ピクセルひとつの面積は、デジカメ史上最大の9ミクロン。今後もこんな大きなピクセルのCMOSは出ないと思います。
逆に、同じ6cm×4.5cmのCCDで6000万画素のPhase Oneを使ったこともあります。
両方共主にポスターの撮影に使っていましたが、当時ハイエンドなだけに、CCD面積と画素数、画質の関係をとても感覚的に知ることができました。

仕事の場合は、仕事の内容、具体的に言うと、掲載される媒体の中でどのくらいのサイズで扱われるかによって、カメラを選択するという方法が最も効率的だと思っています。
例えば、紙面で6cm×4cmくらいの扱いのプロセス写真を数多く取る場合には、35mmフルサイズのデジカメでは、1200万画素あれば十分です。

自分はそういうプロセス写真に加えA4や、A4見開き(A3)のカットも撮ることがあるので、2400万画素級のデジカメを使っていますが、サイズ的にも、例えトリミングの事を考慮しても十分すぎるくらいです。3000〜5000万画素のニコンD810やD850は、ポスターやコルトンボックスの撮影以外は、もうリソースの無駄以外の何物でもありません。

最も、ポスターやコルトンボックスの撮影には、プロはほとんどミディアムサイズを使用しているので、3000万画素〜5000万画素の35mmフルサイズは、個展で大伸ばしする以外にはほとんど意味のないカメラだと思います。

ですから、ニコンはプロ向けのD3〜D5の画素数は1600〜2000万画素です。これは、まさにプロの仕事のことを考えての設定で、D750も同じだと考えています。

逆に、画素数が非現実的なD810やD850はアマチュア向きだと言えると思います。メーカーはこういうことは言いませんが、やはりハイアマチュアも取り込んでいかないと商売が成り立たないので、技術力アピールのために高画素数のカメラを開発しているのだと思います。

サーキットでしかフルスピード出せるはずのないフェラーリを、一般的には公道しか走らないユーザーのために販売しているのと似ています。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「コンタクトシート」

YouTubeで人気のあるフォトグラファー、テド・フォーブスが本日、コンタクトシートの話題をアップしていた。懐かしくなった。

コンタクトシートとは撮影したネガフィルムを全て、セレクトのためにコンタクトプリントしたもの。

フォトグラファーによっては、ペンで色々と印をつけたり、プリント指示を書き込んだりで、実にアナログで面白い。

このコンタクトシートは自分が20年前に撮ったポール・スミスのコンタクトシート。自分がどんな感じ方をしていたのか?とか、こんなライティングやっていたのか、とか、色々と思い出されて面白いし恥ずかしくもある。

今自分がベストワン選ぶとしたら、多分当時と違うものを選ぶと思う。しかし、ライティングは全く変わっていない。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「Nikon D760」

ニコンD760のデータが漏れてネット上に流れたと、ちょっと前にYoutubeで知りました。スペックを見ると、大体想像した通りですが、問題なのは価格。

大体25万円〜26万円という話ですが、こうなると、買い足すとして、Z6の方がお買い得になりそうな気がします。やはり、ニコン初のミラーレスを使ってみたいし、ニコン初のデジタル一眼レフのD1のときも、即買いでした。

現在D750、2台を仕事で使っていますが、レンズは全て単焦点。

自分の仕事はメインがポートレート。レンズは、古い85mm f1.8一本。それもなるべくストロボのハレを少なくするために、なるべく暗いレンズ。D750に付けっぱなしです。

対談やインタビューの撮影の場合は特にシャッター音がほとんどしない方がありがたい。ここで、Z6を使いたいと思っています。85mm f1.8をZ6に付けっぱなしというのがベスト。

Z6を購入して、3台のボディに、自分が仕事で常用する 20mm、35mm、85mmをそれぞれ装着して、脱着はしない。

このラインナップでしばらく仕事をやってみたいと思っています。

今年と来年は機材入れ替えの時期。ミディアムフォーマットは、PhaseOneとLeafを売却してしまったので、FujiのGFXを狙っています。今年は車とMacの買い替えだったので、カメラは来年消費税アップまでに買い替えたいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「Adobe税」

adobe製品は1998年から使っていますが、CS6以降はCCに変更しました。

ご存知のように毎月もしくは毎年、使用料を払うことからAdobe税、などと言われています。

最初、使用料を見たら、結構なお値段で驚きましたが、よくよく計算してみると、自分のように、複数のアプリケーションを使っている人間には経済的であると最近気が付きました。

例えば、現像ソフトは、ずっとCaptureOne Proを使ってきましたが、2年以上バージョンアップしないと、バージョンアップができなくなり、再び製品版購入となります。バージョンアップを毎年やるとして、1年で15,000円くらいでしょうか。結構ばかになりません。

その点、Lightroom CCを使っていると、毎年、CCの使用料で、常に新製品が利用できます。

現在、自分が使っているCCは、

Photoshop
Lightroom
Premiere
After effects
Acrobat
Dreamweaver
Illustrator
Animate
です。

After effectsは日常的には使いませんが、これがないと、なにかあったときに動画の補正、修正がきかない。ないと困る。Animateも自分が撮った動画をウェブコンテンツとして納品することもあるので、やはり、ないと困る。

そんな、ないと困るというソフトを製品購入していると結構ばかになりません。

現在、CCの使用料は、毎月4,500円くらいでしょうか。
それを、上記の8つのソフト使用料で割ると、約560円くらいか。

これは、結構お得だと思います。

Adobe税が経済的であるかどうかは、当たり前の話ですが、仕事で使うアプリの数で決まると言って良いと思います。

多分、想像ですが、一番お買い得感がないのは、グラフィックデザイナーさんだと思います。

IllustratorとPhotoshopくらいしか使いませんから。
IllustratorとPhotoshopで、大体、月額3,500円程度。

昔から、グラフィックデザイナーは、Adobeに泣かされているのかも。

しかし、Adobe製品がないと生活できませんからね。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「Nikon Z7, Z6がシングルスロットである理由」

Nikon D750 カードスロット

ニコンのZ6,Z7がシングルスロットであることで物議を醸しています。

私も最初、シングルスロットであるということを知ったときに「え〜〜っ」と驚きましたが、いろいろと、Zシリーズが採用したXQDカードのことを調べてみたら、まだ、XQDカードの堅牢性や信頼性は使ったことがないので未知数ですが、なるほどな。と少し納得しました。

というのも、SDカードを使っていたときに、何度かカメラがカードを認識しなくなりその後使えなくなったことがあるからです。ご存知のようにSDカードはペラペラで接点丸出し。いつも出し入れのときに、無意識に「これ大丈夫かな?」と感じていたからです。

そして、MacがSDカードをマウントしないことがあり、カードを差しなおすことは日常茶飯事でした。

私が最初に使ったデジカメはニコンのD1ですが、それからD700まで、そして、ミディアムサイズのPhase OneやLeafもCFカードでした。ずっとCFカードを仕事で使ってきて、認識しないようになる。とか、破損したりしたことは皆無でした。スロットをダブルにして冗長性を確保すべきなどとは、想像もしませんでした。

無意識に、シングルで当然だと思って、仕事で大量のカットを撮っていたわけです。

CFカードは、接点は隠れています。そして頑丈です。ですから、穿った見方ですが、ダブルスロットというのは、SDカードの脆弱性を考慮してのシステムだったのではないのか?と今になると考えてしまいます。

ニコンが採用したXQDカードは、接点が隠れていて、開発したソニーの方のインタビューを見ると、相当堅牢性に力を入れたようです。ですから、XQDカードはCFカード並に堅牢性と信頼性があると想像しています。

そういうことを考慮すると、Zシリーズは、プロでも、分野によっては、シングルスロットで良いのでは?と考えています。私の場合は報道やスポーツ写真とは違い、その場での再撮が比較的容易なので、シングルスロットでも万一の場合、取り返しがつく可能性は大きいと思っています。

論より証拠、来年早々、Z6を購入して、仕事で、信頼性を調べてみたいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「自分のパソコン歴」

自分の年齢は2018年で64歳。大体、同年代の男性はITリテラシーのない、パソコン音痴の方が多いです。しかし、幸か不幸か、フォトグラファーになる前にITベンチャーで仕事をやっていたせいか、自分は日本のパソコン第一世代です。

当時、1980年頃ですが、仕事で扱っていたパソコンは、シャープのMZやNECのPC8000シリーズ、AppleII、コモドール、富士通FM7など、今では知る人がほとんどいないパソコンばかりです。当時のパソコンは、自分でベーシックのプログラミングができないと操作できないようなものが多く、マウスは存在しませんでした。

基本としてMSベーシックとC言語はほとんどの関係者は勉強していました。
自分はプログラミングはやりませんが、C言語の基礎を学習したおかげで、その後、ネット時代になって、いろんな事で助かりました。ネット社会はC言語で開発されたUNIXで動いているようなものだからです。

余談ですが、アメリカにいる頃に仕事でC言語を発明したデニス・リッチー博士のポートレートを撮影したことがあります。撮影場所はベル研究所でした。1980年代後半のことです。

AppleIIはいじっていて、それが高じてソフトウェア紹介本を出したこともありますが、その後、Macが出たものの、高価で手が出ず、始めてのMacはG3でした。1998年頃だったと思いますが、メモリをフルに搭載して50万円くらいでした。G3までは、MSDosのノートブックを使っていました。すべてコマンドで動かすタイプです。

知人のグラフィックデザイナーさんは、Macが登場してしばらくしてAdobeのイラストレータが登場すると、Macを使い始めましたが、その当時最強マシンにフルメモリ搭載で600万円くらいだったと言います。

当時キヤノンがMacを取り扱っていたのですが、そのデザイナーさんが、キヤノンショップに行って、「このMac、メモリ、フルでください」とオーダーしたら、店長が「お客さん正気ですか?」とドン引きしたと言っていました。

メールは1990年頃に始めましたが、まだインターネット元年以前で、電話回線経由で、UNIXコマンドもどきのDosコマンドで通信していたと思います。当時は日本以外でも使っている人は限られていて、アマチュア無線のような感じでした。

Windowsは95〜NT〜2000と使っていました。最初はIBMのデスクトップでした。OSXが登場してからは、ずっとMac党です。

Adobeや、後にAdobeに合併吸収されたMacromediaの画像ソフトを使い始めたのは、1998年頃です。Mac G3を購入してからです。ただ、Mac OS8や9が不安定だったので、その間はWindowsNT、2000を併用していました。

NT上では、主にAdobe Premiereを使って動画編集をしていました。Premiereは重く、当時秋葉原を歩き回って自作で最強のDosVマシンを組み立てて、なんとか凌いでいました。CeleronというCPUをデュアルで搭載できるマザーボードが最初に出た頃です。Celeron、Pentium4と当時のCPUは発熱大王でした。笑。

Mac党の自分ですが、Windowsマシンもパワフルで安価なものが多くて良いな。と思うことがありますが、もうOSが整合性がとれず収拾がつかなくなっているような状態なので、もうWindowsを使うことはないと思います。

知人の元プログラマーは、あのセキュリティアップデートの頻度は、自らが欠陥商品だと証明しているようなものだ。と語っていましたし、OSの成り立ち自体に無理があったと指摘する関係者も多いです。

ネット時代は、やはり基幹OSであるUNIX, Linux系と同族のクライアントOSが親和性もセキュリティ面でも最適だと思います。

その点、異端のWindowsが世界中で最も使われているというのは悪夢のようなものです。マイクロソフトもこっそりとUNIXベースの堅牢なOSを開発していきなり発表すると面白いのに。笑。と思います。旧Windowsソフトはエミュレータで動かして、5年期限くらいで、ユーザーに新OSに完全移行してもらう。

そうすると、ネット世界は、少しは平穏になると思います。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「機材にはあまり興味はないのですが〜カメラ歴を」

機材は買うまでは、いろいろと調べてしつこく比較したりして結構知識も深くなるのですが、買ってしまうと、それで安心して、全く興味がなくなる方です。しかし、時々、今までどんなカメラ使ってきたのかな?と思うことがあるので、ちょっと書き出してみました。

○フィルムカメラ
(35mmサイズ)
Nikon F3, Nikon F4, OLYMPUS OM1, レンジファインダーのCONTAX(名前失念)
(ミディアムサイズ)
Hasselblad 500CM,Rollei flex SL66, MamiyaRZ67, Pentax645, Pentax67,
(ビューカメラ)
Linhoff Kardan4✕5, Sinar C4✕5, Sinar C8✕10

○デジタルカメラ
(35mmタイプ)
Nikon D1, Nikon D2, Nikon D700, Nikon D7000, Nikon D750, Canon 1DSMkIII, Canon 5DMkll,
(ミディアムタイプ)
Mamiya DF(デジタルバックはPhase One とLeaf)

意外とフィルム時代の方がいろんなカメラを使っていましたが、もうすでに、デジタルカメラ歴が同じくらいになってしまいました。
フィルム時代:1984年〜2000年(2004年まではデジタルと併用)
デジタル時代:2000年〜2018年現在まで

デジタルかフィルムか?という比較は自分にとって不毛で、仕事では断然デジタルになって良かったと思います。なにより、再撮や、現像の手間暇がなくなったことが嬉しい。撮影時に、上がりが予想できるので、精神的にとても楽になったと思います。

ただ、個人的な作品については、またフィルムで撮ってみようと思うくらいフィルムにノスタルジーがありますが、フィルムカメラは潔く売り払ってしまったので、デジタルの表現力が全てになっています。
それで良いと思っています。

現在、欲しいと思っているのは、Lumixのハイエンドクラス。35mmフルサイズが出そうですが、マイクロフォーサーズの方に興味があります。多分、来年早々には購入しそうな気配です。

自分は最初は映画のカメラマン(映画の世界ではキャメラマン)志望だったので、動画性能が秀逸なLumixに興味があります。マイクロフォーサーズのレンズを揃えておくと、これまた欲しいと思っているBlack Magic Designのシネカメラにも使えるし。なかなか今後が楽しみです。

あとGoPro Hero7も欲しい。笑。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村