「Adobe税」

adobe製品は1998年から使っていますが、CS6以降はCCに変更しました。

ご存知のように毎月もしくは毎年、使用料を払うことからAdobe税、などと言われています。

最初、使用料を見たら、結構なお値段で驚きましたが、よくよく計算してみると、自分のように、複数のアプリケーションを使っている人間には経済的であると最近気が付きました。

例えば、現像ソフトは、ずっとCaptureOne Proを使ってきましたが、2年以上バージョンアップしないと、バージョンアップができなくなり、再び製品版購入となります。バージョンアップを毎年やるとして、1年で15,000円くらいでしょうか。結構ばかになりません。

その点、Lightroom CCを使っていると、毎年、CCの使用料で、常に新製品が利用できます。

現在、自分が使っているCCは、

Photoshop
Lightroom
Premiere
After effects
Acrobat
Dreamweaver
Illustrator
Animate
です。

After effectsは日常的には使いませんが、これがないと、なにかあったときに動画の補正、修正がきかない。ないと困る。Animateも自分が撮った動画をウェブコンテンツとして納品することもあるので、やはり、ないと困る。

そんな、ないと困るというソフトを製品購入していると結構ばかになりません。

現在、CCの使用料は、毎月4,500円くらいでしょうか。
それを、上記の8つのソフト使用料で割ると、約560円くらいか。

これは、結構お得だと思います。

Adobe税が経済的であるかどうかは、当たり前の話ですが、仕事で使うアプリの数で決まると言って良いと思います。

多分、想像ですが、一番お買い得感がないのは、グラフィックデザイナーさんだと思います。

IllustratorとPhotoshopくらいしか使いませんから。
IllustratorとPhotoshopで、大体、月額3,500円程度。

昔から、グラフィックデザイナーは、Adobeに泣かされているのかも。

しかし、Adobe製品がないと生活できませんからね。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です