「カラーキャリブレーション」

今から5年ほど前に、キャリブレーション内蔵のディスプレイを購入しました。EIZOのColor Edge CG247です。

それまではNECのMulti sync+外部キャリブレーションセンサーを使っていましたが、美術本の仕事が入り、多くの絵画の撮影をすることになったために、シビアな色合わせを考慮して、このディスプレイを購入しました。

当時はすでに、印刷所もグラフィックデザイナーもフォトグラファーも、大体、EizoのColor Edgeを使って仕事をしていましたから、同環境で、色合わせには、それほど困ることはなかったのですが、なんせ、美術本なので、気を使いました。

しかし、印刷所は、昔から美術本の印刷で有名な図書印刷、製版職人さんが気合を入れて仕事をやってくれたおかげで、素晴らしい本に仕上がりました。

プロの場合、ディスプレイは生命線だと思います。できれば、キャリブレーションセンサー内蔵のEizo Color Edgeがおすすめです。というか、私の周りはみなこれ、使っています。

そして、この仕事で大活躍したのが、AdobeのLightroom。

コレクターさんの家で壁一面に飾ってある絵画を撮影しましたが、引きもなく、広角レンズで撮影、おまけに横長なので分割して撮影して、後でつなぎ合わせるという工程でした。そこで、Lightroomのパース修正のツールが大活躍。同時にCapture One Proのツールも併用しました。

大変な、難儀な仕事をすると、アプリケーションの使いこなしのためのテクニックが大幅に向上すると思います。

たまに、建築写真の撮影をしますが、この時の知識が、様々な局面で役に立っています。

そして、いろいろと仕事をやっていくと、自分だけのワークフローというものが自然に出来上がっていきます。

使用撮影機材,ソフト:Mamiya DF+Leaf Aptus II5+Sekor45mm,120mm Macro、Profoto strobo、CaptureOnePro, Lightroom, PhotoshopCS6

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です