「ストックフォトより印税」

私が若い頃は、まだフィルムが高価で、誰でも美しい写真が撮れる時代ではありませんでした。そして、気軽に海外に行ける環境ではなかったので、世界各地の都市や風景を撮った写真がストックフォトで重宝されました。そして、売れっ子の写真家は、相当稼いで、知人でマンション一棟建てた写真家もいました。

最近は気軽にストックフォトエージェンシーに登録できるので、お小遣い稼ぎにストックフォトに写真を登録している方も多いと思います。

私もAdobeのストックフォトに、仕事で使わなかった写真や作品を登録しました。何点か売れましたが、その買い取り価格のあまりの安さに、すぐに止めました。

いろいろと調べたら、ストックフォトで生活できるような収入を得るには、やはり、ストックフォトに専門化しないと無理だと思います。

ヨーロッパやアメリカで売れっ子のコマーシャル系ストックフォト作家は、みな、スタジオを持っていて、そこで、いろんなシチュエーションの写真を量産しているようです。例えば「オフィスの風景」とか「家族の写真」とかですね。それをスタジオの建込みで撮っているようです。

しかし、量産しないと、おそらく、単価は、コマーシャルの一般的な仕事に比べても相当低いと思います。ですから、上手く量産のラインに乗せているという感じがします。

私は1999年にはHPを自分で制作して公開していましたが、そこで公開していた個人的な作品が新聞などの媒体に使われたり、仕事で撮った作品の著作権が永久買い取りになったことがあります。

2000年以降で、3回ありました。数年に一度の頻度ですが、印税の額は、一般のストックフォトとは比較になりません。2年間生活ができるような額の印税もありました。

ストックフォトはエージェンシーが売りやすいように、価格を決めて、量で売って儲けるというシステムなので、それに上手く乗っかって、量産した写真を売るしかないと思いますが、これが上手く行くと、そこそこ儲かると思います。

結局、エージェンシーを通さずに、お金のあるクライアントを一本釣りするのか、システムに乗っかって量産して売るか、のどちらかという気がします。

しかし、そのうち話題にするつもりですが、
現在、デジカメさえ持っていれば、プロのフォトグラファー宣言ができます。まあ、小説家も同じで、村上春樹もそんな事言っていましたが、プロ宣言した方だけでも相当な数に登り、発表した作品は、膨大な数になり、埋もれてしまう可能性が、我々のフィルム時代とは、比較にならないほど大きいと思います。

そこからいかに自分の作品をアピールするか。
その可能性は、やり方によっては、現在の方が我々のフィルム時代より大きいと思います。

やはり、トライ&エラーを繰り返してノウハウを掴む方が早いし、いろいろと行動してみる事だと思います。

近いうちに、フェイスブックやインスタで、自分がやっている方法も公開したいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です