「FB(フェイスブック)での売り込み」

私が、FBに最初に登録したのは、FBが日本に上陸してすぐです。ほとんど日本人はいませんでした。多くは、アメリカの大学生。最初は英語でやり取りしていました。一度アカウントを削除しましたが、再登録して今年で、10年以上になると思います。

最初の頃は、たまに書き込まれるコメントに返信するくらいで、開店休業時代が続きましたが、2011年の大震災の頃から急に回りが活発になり、フレンドやフォロワーが増えました。

これは自分の方針ですが、実は、タイトルのように、FBでは、一応フォトグラファーだと経歴に書いていますが、よかったら仕事ください的な、売り込みはやっていません。しかし、コンスタントに仕事の写真や、その裏話を掲載しています。
そうやっていると、徐々にFBフレンドが増えてきて、FBフレンドの友人たちも申請してくれるようになりました。

そうやっているうちに、FBで知り合ったアート関係や、出版関係、広告代理店、企業の宣伝部の方たちから、ちょくちょく仕事の依頼が入ってくるようになりました。

最初は、単発が多かったのですが、その中のいくつかのクライアントさんの仕事はレギュラーになっています。

自分はFBフレンドの数が多いのを自慢するようなタイプではありませんが、一時、FBフレンドは2000名、フォロワーも約同数になりました。あまりに増えてしまい、いろいろと問題が起きて、一度、アカウントを削除し、しばらくして再登録、再開しました。

現在は150名ですが、以前のフレンドの中で密にやりとりしていた方が、再び友達申請をしてくれ、現在は、とても落ち着いた感じになっています。

Youtubeも、様々な情報を仕入れるために、日本だけではなく、世界中のフィードを見ていますが、やはり、売れっ子たちは、最初、自分が楽しくてYoutubeを始めたという感じがします。

楽しいところに人は集まる。そんな感じがします。

そして、専門的な売れっ子Youtuber、特に製品、ガジェット系は、的を射た的確な情報を提供してくれていると思います。情報を提供するために、結構、Youtubeで儲けたお金をつぎ込んでいるのが、動画を見ているとよく分かります。

こういったら当然だと言われるかも知れませんが、やはり、コンテンツが充実している、そして、楽しい、また見に来たい、そういうフィードは輝いていると思います。

商売っ気があると、ばれないようにやったとしても、それは匂いで分かります。最初は遊びで楽しく。それが王道だと思っています。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です