「1億5000万画素!」

インスタフレンドの投稿を見ていたら、
「一億画素のPhaseOneを買うために、車を一台売却した」
と書いてありました(写真上)。

確か、価格は日本円で600万円前後だったと思いますが、ミディアムフォーマットのデジカメバックは、オーバー1億画素の時代に入っています。

下の表は私が長年お世話になっている機材商社のHPから転載したもので、すでに1億5000万画素のデジカメバックが登場しています。階調は16ビット!!

価格を調べたら、オーバー600万円。新規にレンズも揃えたら、1000万円オーバーでしょう。凄い時代になりました。メルセデスのEシリーズが買えます。

私のLeafやPhaseOneは古いタイプでしたが、アクアが買える程度の価格でしたから、この価格の高騰は凄い。まあ、性能の進化を考えると妥当か?とも思いますが、凄い価格!

以前、PhaseOne社に務めていた知人でさえ、一体、どんな人が買うのだろうか?とあきれていましたが、前述のインスタフレンドのフィードをよく見たら、アメリカのハイウェイにあるような、長さが20〜30mある車の広告の看板に載せるような、サイズも解像度も必要なラージサイズのデータが必要な撮影に使っている方が多いようです。

確か、BMWの広告写真も、この手のカメラで撮っていました。

カメラとレンズで1000万円で、ボディの償却期間が3年とすると、1年で200万円償却。ということは最低でも売上は年間3000万円は行っていないと買わないと思います。

アメリカやヨーロッパのコマーシャル系トップフォトグラファーは、大体、日本のトップの約3倍のギャラだと言われています。なぜならば、市場規模が3倍だからです。自分がニューヨークで現地の仕事をしているときは、大体2倍程度でしたが、当時日本はバブル期で、現在よりフォトグラファーのギャラはずっと良かったですから、3倍のギャラというのは分かります。

ですから、車の世界と同じで、売上が最低でも年3000万円以上のフォトグラファーをターゲットにしていると言えます。しかし、年に億単位稼ぐファッション・フォトグラファーのピーター・リンドバーグは、ずっと、NikonD4を使っています。ですから、稼ぎの良い、車やスティルライフのフォトグラファーが買うのだと思います。

現在の自分とは別世界の話ですが、動画の世界もそうですね。ArriやRedのハイエンドは3000万円ほどしますから。

カメラもかつてない格差の時代になったのかとは思いますが、それ以上に、特にPanasonic、SONYのレベルの進化と低価格化は凄いと思います。
自分的には、機材にお金がかからない良い時代になったと思います。

デジカメは特にセンサーとソフトウェアがものを言います。センサーは、日本がトップだと思われていますが、量産できて低価格のセンサーに限ります。真に性能的にトップのセンサーを製造しているのはイスラエルです。私のLeafのセンサーもイスラエル製でした。ただ、とても高価です。Leafは、元々、軍需産業ですから、国家規模の予算で開発していたのだと思います。

ただし、PhaseOneもLeafも、ボディは日本のMamiya製。昔から、ほんとうに壊れないタフなボディです。私も約20年間、何台も使いましたが、故障は皆無でした。

ソフトウェアはアメリカ、イスラエル、デンマークがトップ3です。
ボルボやマツダの危険回避システムのセンサーとプログラムはイスラエル製で、世界でトップだと言われています。

マツダのアクセラは、そのセンサーを採用して、自動ブレーキテストで、一時期トップを獲得していました。

写真は、絵画や彫刻とは違い、テクノロジーとともに進化します。フィルム時代はテクノロジーは裏で、ゆったりと静かに進行していましたが、デジタル時代になって、ものすごい勢いで進化しています。こういう時代に写真が撮れてエキサイティングだし幸せだと思っています。

私は現在、Panasonicに最も期待しています。テクノロジーも凄いですが、もう50年以上カメラに接してきた自分から見て、とてもカメラというものを知っているメーカーです。

PanasonicはNikonやCanonと比べ歴史は浅いですが、それを考えると驚異的なメーカーだと思います。やはり、パナビジョンのテクノロジーと、泥臭い総合家電メーカーのノウハウが、そのタフなボディにも生かされていると思います。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です