「やはり作品主義」

写真や動画に関する様々な情報を求めてYoutubeやウェブサイトを検索しますが、やはり、自分にとって一番有益というか参考になるのは、アップされている作品自体が素晴らしいサイト。

どんな有名なYouTuberで、スペック的な情報が優れていても、そこにアップされている作例が「なんだかな〜」というものだったら、その情報の信憑性さえ疑ってしまいます。

データ的な比較は、多くの優秀な方々がアップされているサイトを観ると大体分かりますが、じゃあ、このカメラやレンズでどんな美しい「絵」が撮れるのか?ということになると、例えば、SONYのシネカメラのYoutubeフィードを観ても数えるほどしかありません。

欲を言えば、この映画のこのシーンで使われているとか、Vogueのこの表紙で使われているカメラとレンズだとか、そういう情報が一番参考になります。

結局、スペックではなく、経験と才能のあるフォトグラファーや撮影監督が、このカメラやレンズで、このようなビジュアルを撮っている。という情報ですね。

そういう情報がまだまだYoutubeなどには少ないと思います。

その点、比較的、素晴らしい映像に出会えるのがVimeo。

Vimeoはコマーシャルフリー。アクセス数で稼ごうというアーティストはいないわけで、例えば、自分のショートフィルムを観て、潜在的なクライアントを探す。自分の撮った環境ビデオを売る。とか、そういうスタンスのカメラマンやプロディーサーが多いので、面白いし、参考になります。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です