「α6500を仕事に使ってみた」

動画撮影用に購入していたSONY α6500。
先日、ちょっと思い立って、スティルの仕事で使ってみました。

前日まで、Nikon D750で撮ろうと思っていましたが、カット数が多く、ここはミラーレスで軽快に撮った方が仕事がはかどるかも。と思いました。

α6500は、スティルでは初仕事。モデルさん3名、それぞれ4着服を着替えて短時間以内に撮るという、せわしい内容でした。

約1時間の撮影、終わってみると、撮影データは14GB(Rawデータ)になっていました

オートフォーカスモード、マニュアルフォーカスモード、様々なモードを試してみました。

帰宅して、Lightroomで現像して、その後、Photoshopでトーン調整しましたが、しっかりと、仕事で使える。という印象です。

A3くらいまで拡大した場合、フルサイズより、画質的に劣るかもしれない。という印象ですが、割とキヤノン的で、Lightroomの標準現像設定でも使えるという感じがしました。

カット数が膨大で、印刷上の扱いが大きくない場合は、α6500、行けるんじゃないのかな?とちょっと見直しました。

お付き合いのあるプロショップで、11万円でしたから、これは買いだと思います。サブにあと一台あっても良いかも。

よく、ネットで、プロの方が、α6500で撮っていたら、クライアントから、そんな小さなカメラで撮るの?

みたいな事を言われた。

という記事を目にしますが、

先日は、スタッフは誰も、私が、いつもの、でかいNikonではなくて、α6500を使っているとは気が付きませんでした。笑。

やはり、カメラは目的と使い方ですね。

プロ用とかハイアマチュア用とか入門機なんて、現在の、ある一定レベル以上のデジカメでは、関係ないと思います。

そう言えば、雑誌の表紙、ポスターに大活躍の、私のNikon D750も、あるメディアでは「フルサイズ入門機」となっていました。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村 The gallery was not found!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です