「Mac mini2018パワーアップ」

Mac mini 2018パワーアップ!!

Mac miniと言えば、Macデスクトップの最廉価版で、ウェブとメールに使うもの。みたいな位置づけでしたが、2018に出たMac mini2018は、全く別物、いろいろと拡張できるようになっていて、プロ向けスペック。

Mac Proも壊れたし、面白そうなので、昨年末に購入しました。

写真は、Mac mini2018に接続した、本日届いたE-gpuという外部グラフィックボードです。

これが凄い。

早い話、このハードのおかげで、ベーシックモデル12万円のMac mini2018が、現在Mac最強の58万円のiMac Proにほぼ匹敵する性能になってしまいました。

グラフィックボードというと、画面の表示、描写を行うパーツですが、実は、コンピュータの心臓部であるCPUよりはるかに凄い演算能力を持っています。

ですから、デジカメデータや動画の現像、編集が、爆速になってしまいます。

これは、お得な投資だった。

と、計算したら、

Mac mini2018が、メモリ(32GB)増設して約20万円。

このE-gpu(Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G)が12万円。

SSD(ハードドライブ)が約5万円

そしてディスプレイが20万円(iMac Proはディスプレイ一体型なので、比較するためには、ディスプレイの価格を+することになります)

すると、あらら、57万円。

ほぼ同じ価格になってしまいました。笑。

しかし、

Mac mini2018では、E-Gpuもディスプレイも今後、それぞれバージョンアップ、拡張できます。iMac Proではできない。カラーキャリブレーションもできない。熱対策においてはe-GPUの方が有利。

以上考えると、なんとか納得。

今後、これ以上のスペックを望むと、ウィンドウズマシーンになってしまいます。

多分、拡張しながら数年は使えそう。

ということは、良い買い物だったと言える。かも。笑

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です