「4K動画から静止画切り出し」

taken with SONY α6500+Zeiss16-70mm

4K動画から切り出した静止画が印刷物でも使えると、仕事での写真の撮り方が変わると思います。

SONY α6500を仕事で限定的に使うようになって、ドキュメンタリーで動きのある被写体は、4〜5秒くらい、Rawで、連写を続けて、動画的に記録するようになりました。


これが、将来ミラーレス一眼で8Kあたりで撮れるようになると、動画として記録して、その後、静止画を切り出して、媒体で使う。というようなことも可能になると思います。


で、本日テストで、α6500の4K動画を撮影してみて、そこから静止画を切り出してみました。


これは、三脚自撮りで、倒立しているのは自分です。
いつも、近くの海岸でトレーニングしています。

画質を観ると、ウェブ媒体だと、まず自分の仕事範囲では問題ないと思います。
印刷媒体だと、画質を気にしない扱いだとなんとかA4サイズくらいは行けるかな?

昨日、キヤノンの8Kシネカメラで撮った映像を、自分の4Kディスプレイで観てみました。凄い画層でしたが、E-GPUのグラボのファンが一瞬全開になりました。

4Kでも8Kでも、カメラだけではなく、周辺のレベルアップも伴っていないと意味がないと感じました。

ただ、8Kは、カメラとPCのキャパさえ許せば、静止画の用途は広がると思います。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です