「Ronin 浪人?」

このカメラが乗っている機器は、ジンバルというものです。 動画を撮るときに、静止したり、歩きながら撮るときに、カメラが揺れたりぶれたりしないようにするものです。 3つのモーターとセンサーとコンピュータで、コントロールしています。 このジンバルは主に動画で使われますが、 実は、静止画でも大活躍です。 状況によりけりですが、三脚が不要です。 このSONYのカメラも、とくに、ブレ防止の優秀なセンサーを内臓しているので、併用すると、 かなりのスローシャッターでもぶれません。 特に建築写真では、常に水平と垂直をキープしていないと歪みが出るのですが、 このジンバルはジャイロセンサーとコンピュータでどんな姿勢でも水平垂直をキープしてくれて、おまけに、複雑な動作をiPhoneでコントロールできます。 自分のような、もう認知力も判断力も鈍ってきたじいさんには、とても強力な助っ人なのです。 今まで、このジンバル、モーターも、コンピュータもない、完全手動のものを使ってきましたが、それに比べて、このジンバルは、優秀な助手を一人雇っているようなもので、進化が素晴らしい。 ただ、このジンバル、バランスセッティングにコツが必要ですが、カウンターウェイト式の手動ジンバルになれた人には楽勝だと思います。 このジンバル、「Ronin S」という名前です。ろうにん、浪人です。 中国製ですが、世界的にトップブランドです。 ハリウッド映画でも盛んに使われている、プロ用機材です。 中国人は、こんなカラクリ的なデバイスを作るのが実に上手い。 中世に観られた武器とか調理器具などを見るとよく分かります。 しかし、なんで、中国人が浪人なんてネーミングをするのか? それは、多分、侍映画の影響だと思います。 実は、欧米中国では、侍、忍者、以外にも浪人は特に有名です。 見渡してみると、中世、近世における戦士の呼称で誰もが知っているのは、 ナイト(騎士)とサムライだけです。 続くのがニンジャとロウニンと言うわけです。 しかし、現代の日本人にとっては、浪人は一浪、二浪の世界。 私もRoninしました。笑。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です