「Appleの売上を支えているもの」

なぜ、Appleは余計なものをユーザーは不便するのに押し付けるのか?

このリンクでは、主に、iPhoneやMacBookの接続規格を頻繁に変更して、アダプターやアダプターケーブルをユーザーが買わないと困るようにするのか?という疑問を呈していますが、それは「売上のためだ」と結論付けています。

この動画の中に、今まで販売された別売りのアダプタケーブルの写真がありますが、多分、自分はほとんど持っています。
考えてみると、それらの出費は、税金のような形で、無意識に払っているような気がしますが、結構な出費になります。

自分が2017年モデルのMacbook Proを購入したときに、結構、様々なアダプタを買い込みました。そして、あまりにも接続インターフェイスが少ないためにすぐに売却してしまった経緯があります。こんなにも仕事で不便するとは思わなかった。で、現在は仕方なく2008のMacbook Proに戻っています。非力ですが、こちらの方がはるかに便利。
で、来年はHPのラップトップワークステーションを購入予定です。

iPhone4のときもそうでした。iPhone4と接続できるJBLのスピーカーを購入したのですが、iPhone5になったら、もう接続はできない。そのためにはアダプタを購入することになる。そして、JBLは、その後Appleから離れたようです。その後はiPhoneもMacbook Proもその繰り返し。

この動画のコメントにこんなのがありました。

I’ll tell you why Apple products are more expensive, because people are stupid enough to pay it. If customers would just STOP buying Apple products prices would drop.

「なんでApple製品はこんなに高いのか?それは買うやつが馬鹿だからさ。もし購入者が買うのをやめたら、価格は下がるだろう」。

この兆候はiPhoneⅩに出ていると思います。売れない。当たり前です。高すぎる。Macbook Proがあの性能であの不便さなのに、なぜ高いのか?そんな疑問を、「仕方ない」というあきらめで過ごしてきた自分が馬鹿に思えてきます。

最近、Appleバッシングの投稿が世に溢れてきて、いろんな意見、特に欧米のユーザーの意見を見聞きするにつけ、ここは考え時だな。と思うようになりました。

別のYoutubeで、Apple Storeを嫌がらせしながら回るユーザーの動画がありましたが、そのユーザー、「Apple製品は金持ちの道具なのさ」。と言っていましたが、株価が上がり、時価総額が上がり、雇われ社長たちが、勘違いした結果がこのような状態につながっていると思います。

MSは、Dos、Windows95、と使ってきて、Mac OS8と9に移行、不安定なので、再びMSのNTと2000。Mac OSX登場で再びMacが主力に。
という感じでしたが、これは、再びMSに移行すべきだな。と、ここ一週間くらいで大きく気持ちが変わってきました。

Windowsはまだまだ問題山積ですが、もともと安全、安定運用するには手間暇とリテラシーが必要なOSです。しかし、Adobe PhotoshopやPremiereは、Windowsをプラットフォームに開発され、MacOSに移植されています。ですから、同性能のマシンだったら、Windows上の方が安定して軽いです。

まあ、OSはメリット、デメリットがありますが、ハードに選択肢がないApple製品は多分、今後使わなくなるという気がします。

なにより、クリエイティブな生活を提案してくれた企業イメージが、「金満」「放漫」イメージになってきたので、もう買う気は起きないでしょう。恋人の修復不可能な嫌な面を見せつけられたという感じでしょうか。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「Adobe税」

adobe製品は1998年から使っていますが、CS6以降はCCに変更しました。

ご存知のように毎月もしくは毎年、使用料を払うことからAdobe税、などと言われています。

最初、使用料を見たら、結構なお値段で驚きましたが、よくよく計算してみると、自分のように、複数のアプリケーションを使っている人間には経済的であると最近気が付きました。

例えば、現像ソフトは、ずっとCaptureOne Proを使ってきましたが、2年以上バージョンアップしないと、バージョンアップができなくなり、再び製品版購入となります。バージョンアップを毎年やるとして、1年で15,000円くらいでしょうか。結構ばかになりません。

その点、Lightroom CCを使っていると、毎年、CCの使用料で、常に新製品が利用できます。

現在、自分が使っているCCは、

Photoshop
Lightroom
Premiere
After effects
Acrobat
Dreamweaver
Illustrator
Animate
です。

After effectsは日常的には使いませんが、これがないと、なにかあったときに動画の補正、修正がきかない。ないと困る。Animateも自分が撮った動画をウェブコンテンツとして納品することもあるので、やはり、ないと困る。

そんな、ないと困るというソフトを製品購入していると結構ばかになりません。

現在、CCの使用料は、毎月4,500円くらいでしょうか。
それを、上記の8つのソフト使用料で割ると、約560円くらいか。

これは、結構お得だと思います。

Adobe税が経済的であるかどうかは、当たり前の話ですが、仕事で使うアプリの数で決まると言って良いと思います。

多分、想像ですが、一番お買い得感がないのは、グラフィックデザイナーさんだと思います。

IllustratorとPhotoshopくらいしか使いませんから。
IllustratorとPhotoshopで、大体、月額3,500円程度。

昔から、グラフィックデザイナーは、Adobeに泣かされているのかも。

しかし、Adobe製品がないと生活できませんからね。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「自分のパソコン歴」

自分の年齢は2018年で64歳。大体、同年代の男性はITリテラシーのない、パソコン音痴の方が多いです。しかし、幸か不幸か、フォトグラファーになる前にITベンチャーで仕事をやっていたせいか、自分は日本のパソコン第一世代です。

当時、1980年頃ですが、仕事で扱っていたパソコンは、シャープのMZやNECのPC8000シリーズ、AppleII、コモドール、富士通FM7など、今では知る人がほとんどいないパソコンばかりです。当時のパソコンは、自分でベーシックのプログラミングができないと操作できないようなものが多く、マウスは存在しませんでした。

基本としてMSベーシックとC言語はほとんどの関係者は勉強していました。
自分はプログラミングはやりませんが、C言語の基礎を学習したおかげで、その後、ネット時代になって、いろんな事で助かりました。ネット社会はC言語で開発されたUNIXで動いているようなものだからです。

余談ですが、アメリカにいる頃に仕事でC言語を発明したデニス・リッチー博士のポートレートを撮影したことがあります。撮影場所はベル研究所でした。1980年代後半のことです。

AppleIIはいじっていて、それが高じてソフトウェア紹介本を出したこともありますが、その後、Macが出たものの、高価で手が出ず、始めてのMacはG3でした。1998年頃だったと思いますが、メモリをフルに搭載して50万円くらいでした。G3までは、MSDosのノートブックを使っていました。すべてコマンドで動かすタイプです。

知人のグラフィックデザイナーさんは、Macが登場してしばらくしてAdobeのイラストレータが登場すると、Macを使い始めましたが、その当時最強マシンにフルメモリ搭載で600万円くらいだったと言います。

当時キヤノンがMacを取り扱っていたのですが、そのデザイナーさんが、キヤノンショップに行って、「このMac、メモリ、フルでください」とオーダーしたら、店長が「お客さん正気ですか?」とドン引きしたと言っていました。

メールは1990年頃に始めましたが、まだインターネット元年以前で、電話回線経由で、UNIXコマンドもどきのDosコマンドで通信していたと思います。当時は日本以外でも使っている人は限られていて、アマチュア無線のような感じでした。

Windowsは95〜NT〜2000と使っていました。最初はIBMのデスクトップでした。OSXが登場してからは、ずっとMac党です。

Adobeや、後にAdobeに合併吸収されたMacromediaの画像ソフトを使い始めたのは、1998年頃です。Mac G3を購入してからです。ただ、Mac OS8や9が不安定だったので、その間はWindowsNT、2000を併用していました。

NT上では、主にAdobe Premiereを使って動画編集をしていました。Premiereは重く、当時秋葉原を歩き回って自作で最強のDosVマシンを組み立てて、なんとか凌いでいました。CeleronというCPUをデュアルで搭載できるマザーボードが最初に出た頃です。Celeron、Pentium4と当時のCPUは発熱大王でした。笑。

Mac党の自分ですが、Windowsマシンもパワフルで安価なものが多くて良いな。と思うことがありますが、もうOSが整合性がとれず収拾がつかなくなっているような状態なので、もうWindowsを使うことはないと思います。

知人の元プログラマーは、あのセキュリティアップデートの頻度は、自らが欠陥商品だと証明しているようなものだ。と語っていましたし、OSの成り立ち自体に無理があったと指摘する関係者も多いです。

ネット時代は、やはり基幹OSであるUNIX, Linux系と同族のクライアントOSが親和性もセキュリティ面でも最適だと思います。

その点、異端のWindowsが世界中で最も使われているというのは悪夢のようなものです。マイクロソフトもこっそりとUNIXベースの堅牢なOSを開発していきなり発表すると面白いのに。笑。と思います。旧Windowsソフトはエミュレータで動かして、5年期限くらいで、ユーザーに新OSに完全移行してもらう。

そうすると、ネット世界は、少しは平穏になると思います。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村