「フォトコンテスト・写真賞」

自分が雑誌書籍の仕事をメインにやっている頃、「フォトコンテスト・写真賞」で日本を代表する賞のひとつが「太陽賞」でした。写真の芥川賞と言われていました。

その太陽賞のネーミングの元になった月刊太陽の仕事、それも、月刊「太陽」が休刊になる最後の3年ほど、年に3度ほど、特集を担当していました。最後の号も撮影しました。そして、ロケ地から帰京する直前に休刊を知らされたという忘れることのできない経験があります。

その太陽賞ですが、年に一度、版元の平凡社主催のパーティーがあって、そこで授賞式が行われていました。私も毎年、招待していただき、編集長や、日本を代表するエディトリアル系の写真家と話をするのが楽しみになっていました。

そのパーティーの席で、最後の編集長だったSさんから、

「昔は、写真賞を受賞すると、それが仕事に直結していたが、現在(当時1997年頃)では、写真賞の受賞と仕事は全く関係なく考えています。受賞したからと言って仕事は出しません。ただ、ご祝儀として一本くらいは出します」。

という話を聞かされました。

どういうことかと言うと、

「写真賞を受賞するような、作家一筋でやってきた写真家は、自分の撮る分野以外、特に、あれこれと編集者の要求の厳しい雑誌の仕事は撮れない」。という解釈でした。

じゃあ、どういう写真家に仕事を出すのか?と言うと、

「作品主義、実力主義で、いろんな仕事をこなしてきた経験のある叩き上げだと安心して仕事が出せる」。

ということでした。

写真賞は、まだ写真家の数が少ない頃に、世に優れた写真家を紹介する。という使命があって設けられたという経緯があるそうです。

それが、その頃にはすでに写真家が世に溢れていましたから、写真賞というのは、作品の作家性を認められた事に対して与えられる名誉的なものになっていたと思います。

クラシック音楽やバレエの世界、もそうですが、後世に名を残す、歴史的なアーティストでコンテスト出身の方は少ないです。ほとんどいないのではないかと思います。

コンテストというのは、ある意味、審査員制度という合議制のもので、審査員の平均的な評価を反映したありきたりの結果になること多いと思います。

そのようなアーティストは、往々にして自分の個性を強烈に人々のハートに刻みつけるアクの強さに欠けています。

歴史的な写真家を例にとると、影響力のある編集者やギャラリーオーナーが、「こいつは最高だ」という、自分の独断と偏見で世に出した。という例が多いです。画家になると、もっとその傾向が強いと思います。

ただ、受賞するということは、大きなモチベーションになるので、ひとつの励みにするという利用の仕方が一番でしょう。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ


にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ


にほんブログ村

「写真を教えるということ」

玄光社「新・ライティングの構成」執筆記事,写真掲載©2019Hiroyuki Ide

長年、写真で食っていますが、依頼があっても教えようと思ったことはありません。

人見知りな性格のせいもありますが、肝心なことは教えようがないと思っているからです。

これまでに、「コマーシャルフォト」や「フォトテクニック」で有名な玄光社のプロ向け技術書で記事を書いていた時期があります(掲載写真)。

相手がプロだと割と楽です。それまでに、蓄積したノウハウや疑問点があるからです。

どの辺を知りたいのか見当がつきますから、それを想像しながら書きます。

しかし、写真で肝心なのは、そこから先です。しかし、それは説明のしようがない。教えても分からないだろうな。という世界があります。相当、経験がある相手に関してもそうです。

それは、何か?

それは、自分の生まれ持った感性や身につけた美的感覚の領域です。

「自分の世界」です。

そこには優劣はありません。違いしかありません。

そこだけは、自分で解決していかないと仕方がない、やっかいな部分です。

技術は、仕事をこつこつと続けていったら誰でも身につけることができます。

しかし、技術はプロの大前提で、あって当たり前の世界。

多少の差はあっても、ある一定のレベル以上だと、決定的な差にはなりません。

しかし、ある一定レベル以上の技術がある者の中で、何が、「選ばれる」理由になるかと言えば、それは唯一無二の「自分の世界」です。

逆を言えば、「自分の世界」にこだわっていると、自然に、それを表現する技術を身につけることができるとも言えます。

逆引き的な方法です。

その方が、先に技術ばかり学ぶより早道だと思います。

これは、プロもアマチュアも関係ないと思います。

クオリティには、プロかアマチュアかは、関係ありません。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「スタジオポートレート」

©2018 Hiroyuki Ide

以前、自分のHPで、一般の方のポートレートも受けます。という広告を出していました。そのときに、ポートフォリオを作りたいということで、その頃都心にあった私の撮影スタジオにやって来たロシア人の女の子です。
確か女子大生でした。

いろんなカットを撮ってくれということで、これはライティングのテスト撮影にもってこいだ。ということで、結構時間をかけて撮った覚えがあります。

ポートレートは、自然光の方が好きですが、雑誌、広告の世界ではどうしてもスタジオ撮影になることが多く、様々な条件でいろんな撮影をこなしました。

ポートレートは物の撮影と違い、ライティングはシンプルな方が印象的に上がります。自分のライティングは状況に応じて数パターンありますが、1990年頃から現在まで変わっていません。ライティングは固定で、モデルさんや被写体の演出にウェイトを置いています。

撮影機材:Canon1DsMk2、EF85mm、現像ソフト:CanonDPP、

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「カラーキャリブレーション」

今から5年ほど前に、キャリブレーション内蔵のディスプレイを購入しました。EIZOのColor Edge CG247です。

それまではNECのMulti sync+外部キャリブレーションセンサーを使っていましたが、美術本の仕事が入り、多くの絵画の撮影をすることになったために、シビアな色合わせを考慮して、このディスプレイを購入しました。

当時はすでに、印刷所もグラフィックデザイナーもフォトグラファーも、大体、EizoのColor Edgeを使って仕事をしていましたから、同環境で、色合わせには、それほど困ることはなかったのですが、なんせ、美術本なので、気を使いました。

しかし、印刷所は、昔から美術本の印刷で有名な図書印刷、製版職人さんが気合を入れて仕事をやってくれたおかげで、素晴らしい本に仕上がりました。

プロの場合、ディスプレイは生命線だと思います。できれば、キャリブレーションセンサー内蔵のEizo Color Edgeがおすすめです。というか、私の周りはみなこれ、使っています。

そして、この仕事で大活躍したのが、AdobeのLightroom。

コレクターさんの家で壁一面に飾ってある絵画を撮影しましたが、引きもなく、広角レンズで撮影、おまけに横長なので分割して撮影して、後でつなぎ合わせるという工程でした。そこで、Lightroomのパース修正のツールが大活躍。同時にCapture One Proのツールも併用しました。

大変な、難儀な仕事をすると、アプリケーションの使いこなしのためのテクニックが大幅に向上すると思います。

たまに、建築写真の撮影をしますが、この時の知識が、様々な局面で役に立っています。

そして、いろいろと仕事をやっていくと、自分だけのワークフローというものが自然に出来上がっていきます。

使用撮影機材,ソフト:Mamiya DF+Leaf Aptus II5+Sekor45mm,120mm Macro、Profoto strobo、CaptureOnePro, Lightroom, PhotoshopCS6

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村

「コンタクトシート」

YouTubeで人気のあるフォトグラファー、テド・フォーブスが本日、コンタクトシートの話題をアップしていた。懐かしくなった。

コンタクトシートとは撮影したネガフィルムを全て、セレクトのためにコンタクトプリントしたもの。

フォトグラファーによっては、ペンで色々と印をつけたり、プリント指示を書き込んだりで、実にアナログで面白い。

このコンタクトシートは自分が20年前に撮ったポール・スミスのコンタクトシート。自分がどんな感じ方をしていたのか?とか、こんなライティングやっていたのか、とか、色々と思い出されて面白いし恥ずかしくもある。

今自分がベストワン選ぶとしたら、多分当時と違うものを選ぶと思う。しかし、ライティングは全く変わっていない。

ブログランキングに参加中です。よろしかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ プロカメラマンへ
にほんブログ村