「育毛狂想曲」

以前、頭頂部がストレスで禿げた時の話。

禿げはストレスが無くなったら、自然に元に戻るだろう。

と思ったが、やはりやれる事はやっておこうと、

育毛について色々と調べたことがある。

調べて行くと、当時注目を浴びてきたミノキシジルという薬があることを知った。

ミノキシジルは一般用医薬品なので、いろんなメーカーから同じような製品が出ていた。

怪しげなメーカーから、大正製薬のような大メーカーまで様々なラインナップがある。

そして、ユーザーの使用前使用後レポート、個人のブログなどを多数読んでみた。

大体、提灯記事はすぐにバレるのだが、

それを抜きにしても、顕著な効果があることは明らかだった。

株取引口座や為替取引口座のウェブサイトには、

サイトのフッター(一番最後、最下段の囲みのスペース)の上くらいに、目立たないように、取引のリスクについて注意書きが書いてある。例えば、証拠金は全て無くすリスクがあります。とか。

ミノキシジルのサイトを隅々まで見ると、やはりそれに相当するものがあった。薬の場合は「副作用」である。

それは、頭皮の痒みとか手足の痺れとか、まあ、これくらいの副作用はあるだろう。

と思うものだが、もともと血管拡張剤のミノキシジル、wikiを調べると、以下のような副作用があることが分かっているそうだ。

頭痛、意識朦朧

多毛症

性的不能

重い低血圧

不整脈、動悸

皮膚の紅潮

霞み目

手、足、顔のしびれや痛み

不整脈とか穏やかではないが、育毛してモテようと思ってミノキシジルを服用、その結果性的不能になったら、元も子もないな。

などと、思ってしまう。

そして、もっと怖いのは、服用し続けないと、効果がなくなるということ。

一説には、服用をやめると、「一気に」抜け落ちるという情報さえある。

怖しい。ホラーである。

ということは、一度服用を始めると、この高価な薬を、金が続くまで続けることになる。金が無くなったら、髪は一気に抜け落ちる。

なんて残酷な話だ。

そして、wikiの副作用にはなかったが、定期的な服用は、腎臓、肝臓機能にも悪影響を与えるそうだ。これはサプリメントも同じで、ほぼ全てのサプリメントは腎臓、肝臓に悪影響を与える。スポクラの筋肉系フィットネス系コーチの血液検査見ると、ほとんど肝機能に赤信号が点っていると言う。

当たり前の話だが、効果と副作用はトレードオフ。

新しい、毛生え薬や、サプリメントが出るたびに、調べてみると、副作用の恐ろしさにたどり着き、やはり、食事と生活習慣の改善がベストだと確信するに至る。

製薬会社やサプリメーカーは、不安難民、情報弱者を養分に生きているのだ。

という結論になる。

9.11の3日後

9.11の日、今でこそ、注目を浴びるヤフコメ(ヤフー掲示板のコメント欄)をずっと見ていた。

驚いたのは、ほとんどが、

「アメリカに天罰が下った」

というものだった。

ヤフコメは匿名だ。

匿名だと本音をズハズバ書ける。

コメントには、広島長崎の報いだ。

というコメントが驚くほど多かった。

よく、日本人は、あんな仕打ちにあったのにアメリカを許すのか?

と海外の方々から言われる。

日本人の性格として、恨みをあからさまに出すということは、憚れるのではないのだろうか。

しかし、心の奥底には、その恨みがふつふつと残っていたことがはっきりと分かった。

実は、実家でいっしょにテレビを見ていた母も父も、私も、そのような反応をしたのだ。

しばらくテレビを見ていると、

ビル崩壊に歓喜して、踊りまくるパレスチナのおばさんや子供の姿が写しだされた。

自分は、こういう気持ちでいる人は実は怒っている人より多いのではないのか?

と感じた。

その3日後、以前から呑み会を約束していた筑紫哲也さんと会った。

筑紫さん、テロでそれどころではなかったと思うが、

リハーサル前の短い時間、TBSのバーで少しだけ話すことができた。

話の内容はテロそのものではなく、

直後のアメリカの反応だった。

筑紫さんも私も、アメリカに住んでいた経験があった。

アメリカ文化を愛していた。

しかし、

今まで好きになりそうだった人間の決定的な嫌な部分も見て、

もう、これからは、アメリカを素直には見れない。

という、同じような意見を述べて、お互い、やっぱり、という感じになった。

9.11というと、すぐに亡くなった方の悲劇の話になるが、

アメリカはシリアの市民の上に、これでもかと爆弾を降らせた。

もちろん、前述のように日本にも原爆を投下した。

市井の犠牲者はどの人種でも国でも悲惨だし悲劇だ。

しかし、テロは、それまでにくすぶっていた、

意見を主張することすらできない人々の怨念の現れだ。

売電さんが、もう、他国に干渉するような人権外交からは一切手を引くと宣言した。

これは、画期的なことだと思う。

もとはと言えば、トランプさんが主張していたことだが。

ただ、中共のような他国の主権に我が物顔で介入するような国への干渉は積極的に行うだろう。

そこには、経済的覇権問題も絡んでいるから。

しかし、これまでのベトナム、イラク、シリア、リビア、ソマリア、アフガニスタンのような、

人権外交の皮をかぶった介入からは手を引くだろう。

それを自分も期待している。

「顔が変わっていく」

インスタやブログでなんとなくフォローしているカウンセラーや人生相談の方が何名かいる。

たまに寄り道して見るが、最近あることに気がついた。

時間が経つにつれて、ある人は、顔が険しくなってきている。

また、ある人は、不気味なほど悟ったような教祖顔になっていく。

あらゆる人種、宗教、職業の人を撮ってきたので、

自分には、すぐにそれが分かる。

これはよくあること。

カウンセラーは人の話を聞いてあげるのが主な仕事だ。

客は大体悩み事があるし、元々邪気に満ちている方もいる。

カウンセラーや精神科医は、それら客の暗黒物質を、徐々に溜め込んでしまうのだ。

これは、整体師も同じで、友人の整体師は、

「邪気に満ちている人は、身体に触れたらすぐにそれが分かる。

そして、施術が終わると、その邪気の一部が自分に乗り移ってきて、その後寝込むことがある」。

と言っていた。

彼は非常に優秀な整体師で客が絶えない。

それは、彼が、患者の邪気を引き受けることによって、患者が楽になるから、

結果として患者は「整体で楽になった」と感じるのだと思う。

よく、人の悩みとか聞いてあげて、その人から「話して楽になった」

と言われた方は多いと思う。

そういうときは、聞いてあげた人は、話した人の邪気が乗り移っている。

自分は昔からそれがわかっていたので、最初に聞くフリをして途中から話は右から左へ受け流し。

最後に「大変だったね」などと言う。

人の話は聞いていない。何言ったのかも覚えていない。

人の悩みを聞くときはそれが一番だ。

自分が真剣に受け止めていても、そうでなくても、

相手は楽になっている。

それで良いと思う。

NYCにいるころ、1990年頃だが、

すでに、その頃、NYCの精神科医の多くは、自分のためのカウンセラーを持っている人が多かった。

それだけ、医者は患者の邪気を背負い込むし、

それは一人では解決できないものだと医者自身がよく分かっていたからだ。

多分、その医者たちの話を聞くカウンセラーにもカウンセラーがいる。

患者の邪気はそうやって伝染していく。

なんかいろいろと考えるうちに、罪深い世の中だな。といつも思う。

人間が直立歩行を始めてしばらくすると、

それまで、何も考えずに獲物を追っかけたり、木の実をとっていた人間は、

ある日、「自分とは一体なんだろう」と瞑想に近いことを始めたそうだ。

その記述というか絵文字のようなものが、壁画として世界同時期に記録されたらしい。

それらは、南アフリカ、オーストラリア、チベットで発見されている。

その自我の目覚めの瞑想を、ゾクチェンとチベット語では言う。

現在チベットのボン教で、そのゾクチェン瞑想法が、修行として取り入れられている。

旧約聖書より、はるか昔、

天地創造の前から、人間は罪を犯し始めたのかもしれない。

「ニッポンの「激安自慢」に、アメリカ在住の私が“違和感”を覚えるワケ」〜リンクから

https://news.yahoo.co.jp/articles/b86d46fa306d34bad001f125f512a3351ffa935b?fbclid=IwAR1szOOgwQfaLq_B0U0fg9hZrALo0YatnSNcOCwmjgqhDF-h9W69a6EuD2E

これは、頭脳もお金も

すでに1980年代頃から日本から逃げ出しているからだと思います。

何度か過去に書きましたが、

アメリカのベル研究所(ノーベル賞受賞者が当時6名いた)に行ったときに、すでに、日本のコンピュータ関係の頭脳が数名、ベル研究所にスカウトされていました。

そして、

テレビを見ると、日本人(日系人ではない)の心臓外科医が、業界トップとして登場していたし、

優秀な商社マンは、まず日本には帰らずに退職後、現地で起業してお金持ちになっていました。

すでにボディブローが効くように、有能で野心的な才能は、どんどん日本を出ていっていたのです。

そして、すごく面白かったのが、

現地で成功した日本人や台湾人は、年取ったら帰国する。

と言っていたこと。

老後は日本ほど最高なところはない。

外貨をバンバン稼いで、物価も保険も安い日本で老後。

今考えると、賢いと思います。

意外なことに、

10億円以上の資産家の数は、日本はアメリカに次いで世界第二位です。

中国より多いのです。

そういうお金は、日本経済を豊かにするために循環していません。

海外資産として逃げ出してしまっているのです。

ですから、才能なし、お金なしの状態になったのが今の日本の状況でしょう。

いくら勤勉でも勤労意欲があっても、資本と、それを動かす才能がないと貧乏になります。

凡才がいくらいても豊かにはなりません。

有能な将軍や参謀がいて初めて士官や歩兵の優秀さは輝きます。

凡才が真面目に何も考えずに働くと、そのお金は利口な頭の良い人間によって、どこかに持っていかれます。

もう、デス・スパイラルがここまで来たら、もとの貧乏な日本に戻るだけ。

実は、母も言っていましたが、

もともと日本は貧乏な国です。

ただ、これだけ物質文明が浸透した世の中においては、それはとても辛いことだと思います。

自分は、貧乏な頃を体験しているので、平気ですけど。

今は、できるだけ資本主義の恩恵を受けて慎ましやかに生活していくだけ。

貧乏も繁栄も知らない人々は、気の毒だと思います。

今あるのは、貧乏ではなく「貧困」だからです。

「帰還兵のメンタル」

精神科医療という考え方は、元々、帰還兵のメンタルをケアするために生まれました。

形成外科は、戦争で傷ついた兵士の身体をなるべく元通りにするために発達しました。

ということを、アメリカで知りました。

それだけ、戦争というものは、精神を病ませるものです。

怖いと思ったのは、

○新兵を戦場で命令があれば人を平気で殺すような人間にする。

○戦争が終わったら、そのような人を平気で殺した人間を元の精神状態に戻して社会復帰できるようにする。

という研究が、セットで行われてきたことです。

結局、これは上手くいかずに、

なるべく、兵士を戦場に送り込まないという流れになり、

そのために無人飛行機、ドローンなどが発達しました。

しかし、バーチャルの世界でも、間接的には殺人になるので、

やはりメンタルは病んでいくそうです。

戦争は、やはり、一部政治家や、軍需産業関係者の利益のために行うもので、人権とか自由とかそういうものは、戦争のための方便に過ぎません。

人権外交が成功した試しはありません。

とにかく、他国へのお節介はやめること。

これが一番です。

その国のことはその国の人間に任せろ。

アフガンのことはアフガン国民に任せろ。

です。

「なんとかなる」

NYCにいる頃に、知り合いのメイクさんが、

「このところ仕事がないの、どうしよう、アパート出ないといけないかも」。

と焦っていた。

彼女、離婚後娘さんと2人暮らし。

それは、大変だな。なんとか仕事が来ると良いが。

と他人事ながら心配していた。

しばらくして、彼女に会ったら、とても明るい顔をしていた。

あっ、きっと仕事が来たんだな。

とピンときたら、案の定、仕事が来て、少しまとまった収入になったようだった。

彼女、

「仕事が来たの。少しお金が入ったので、娘とプエルトリコに旅行に行ったわ。楽しかった」

と、その時の話を色々としてくれた。

自分も経済観念のない、お気楽生活を続けてきたが、

その自分でさえ、彼女の金銭感覚には驚いた。

しかし、振り返ってみると、彼女のような楽天的で人生を楽しむ人はアメリカにはたくさんいた。

なんせ、貯蓄率ゼロの国である(貯蓄はほとんど投資に回っていることが多い)。

多分、彼女のような人生観、生活感覚で人生を楽しむために旺盛に消費をする人がアメリカを豊かにして、その恩恵を日本やドイツが受けているのだと思う。

日本がこれまで輸出産業で稼ぐことができたのは、まさに、彼女のようなアメリカ人が中心になって、大量消費を続けてきたからだ。

現在、アメリカは中産階級が痩せ細ってきて、貧富の差が激しくなってきたとはいえ、まだまだ豊かで消費力は旺盛だ。

株価も暴落をものともせずに踏み上がっていく。

暴落も恐慌も、上昇への一過程だというのが、長期チャートを見るとよく分かる。

そして、この勢いのおかげで、日本のお父さんたちの年金運用も成り立っているのだ。

自分が、これまで、お気楽になんとか食えて来れたのも、元を辿れば、アメリカの消費者の旺盛な購買力に支えられていたのだと気がつく。

自分たちの現在の生活は、そういうアメリカを頂点とした資本主義ヒエラルキーに組み込まれている。それは中国も同じだ。

もし、中国が完全にアメリカとデカップリングしたら、中国は文革時代に戻ると言われている。日本は昭和初期の生活だろう。

多分、この行く末を見届けることは自分が生きている間は不可能だと思うが、あまりそんなことを考えずに、メイクの彼女のように、金が入ったら好きなことに使って、ただ少しは投資に回して、貯金はせず、明るく楽しく生きていきたいと思っている。

考えすぎは良くない。

考えすぎは「嘆き節」につながり運を降下させる。

明るく笑っていれば、福がやってくる。

果実酒解禁

プルーンで果実酒を作りました

約40日前に、長野の友人の果樹園で収穫したプルーン。

その後、35度の焼酎と、氷砂糖を混ぜて果実酒にしましたが、

本日、解禁。

結構凄い色になりました。

自画自賛ですが、笑、美味いです。

全部で2Lほどあるので、徐々に楽しもうと思っています。

3ヶ月を過ぎると、また一段と美味しくなるそうで楽しみです。

「不満顔の奥さんたち」

自分は、基本的に仕事撮影をやっていない時、昼間は、自宅のある住宅街近辺から出ないことの方が多いが、食糧買い出しやホームセンターには車で出かける。

すると、スーパーの駐車場で見かけるのは、ほとんど奥様方が運転する車ばかりだ。

先日、トヨタのGRヤリスという、そのままラリーに出ても良いような話題の車を見かけた。

自分も車好きだから、オっすごいと、見入ってしまった。

GRヤリス、グレードはハイエンド。中から出てきたのは、中年の奥さん。

顔を見るとムッとしている。満足そうではない。

ドアの閉め方もぞんざいだ。

このGRヤリスという車のハイエンドモデルは、乗り出し価格が500万円を超える。

しかし、車に興味がない人が見ると、ノーマルのヤリス(200万円程度)と変わらない。

BMWやメルセデスから出てくる奥さんは、大体、にこやかで、満足そうで自慢気な顔をしている。まあ、皆が羨む車だから、自然とそうなるのだろうけど。

上記の、GRヤリスに乗っているような奥様方、

そういう方は、大体、旦那が好きで乗っている車に付き合わされているだけなのだ。

実は、友人にそういう女性がいた。

この車(日産GTR)、1000万円以上するのよ。けど、誰が見ても300万円の車。

メルセデスにして欲しかった!ずっと安く買えるのに!

それから、ランドクルーザーやハマー、などの大型SUVに乗っている奥様方も大体、旦那に付き合わされている。大型SUVは相当車慣れしていないと運転はしんどい。

元々、女性は、幅寄せや車庫入れが苦手だ、軽に乗っていても苦労する女性がいるのに、もう、危なっかしくて見てられないシーンに出くわすこともある。

オートバイや車は自己満足の世界だ。それに奥様を突き合わせるのは、ちょっと気の毒だ。

自分では最高の車だと思っていても、側からは「何これ」と思われていることの方が多い。

自分は、奥さんに喜ばれるようなおしゃれな車に乗っている方が旦那として格好良いと思うのだが。

メルシアンワイン販売休止へ

メルシャンワイン、原料用ワインの輸入が逼迫し、販売休止になりました。

その次は、輸入ワインそのものになるでしょう。

これも、木材不足と同じ原因だと思います。

ヤフコメに的確なコメントがあったので、以下。

「主な輸出国(合衆国、豪州、チリなど)が自国内で消費していることもあるでしょうが、購買力のある国を優先しますから日本以外(おそらくは中国)へ流れているのではないかと推察します。」

おそらく、そのうちに小麦、大豆も同様になると思います。
日本は購買力において、主要先進国、最低だからです。

中国は文革時代の食生活だったら自給可能ですが、
現在の食生活レベルを維持するために、世界最大の食糧輸入国になっています。

ワインだったら、週に1本消費していたのを、2週に1本にしても良いし、
別に高すぎたら、焼酎でも構わん。
と自分は考えているので平気ですが、
パンが一斤500円とか1,000円になったら、
もうロシア革命時の「パンよこせ運動」になってしまいます。

やはり、問題は日本の平均的労働者の所得が低すぎること。
これは、労働者が昔とは違い、去勢され飼い慣らされきっているから無理でしょう。

高いギャラでないと働かん。と意思表示しないと給料は上がりません。

しかし、自分が小中学校だった頃は、現在よりはるかに低い労働賃金で、
栄養学的には粗末な食事ばかりでしたが、それでも皆元気に生きていました。

自分は、ヨーガやっていることもあって、断食、粗食には慣れています。
現在も、基本は、玄米ご飯に味噌汁、自家製糠漬け。こんなもんです。
パンも、パスタも無くなったら寂しいけど、すぐに慣れる。これができると最強です。

そして、健康で身体も鍛えていれば頑強そのもの。昭和初期の無敵の日本人に戻るのも良いな。と考えているところです。最悪どうなっても生きていける。という胆力、気力が、あれば、何があっても怖いものはない。と思っています。

ジッツォのおニューの三脚

三脚の老舗、フランスのジッツォのおニューの三脚が先程到着(手前)。
後は、約30年前に購入したジッツォ3本のうち、未開封で取っておいたビューカメラ用の三脚。つい最近のような気がしますが、数年前に開封しました。


旧ジッツォは鉄製で結構な重量。もともとスタジオ備品としての三脚。
おニューは、カーボンファイバー製で軽い。と言っても旧型に比べての話。
これで、ロケに持ち歩くのに億劫にならずに済みます。
嬉しい。


自分は仕事に使えるレベルであれば、カメラとかレンズにはあまりこだわりを持つ方ではありませんが、ストロボとか三脚には萌えるタイプ。
このジッツォの質感がたまらです。


ジッツォは、もともと、機関銃の台座を作っていたメーカーだから、どこかミリタリーな感じがします。